*

実はスキがあった 僕がスキだらけだから 焙煎機にスキが見つかった

プロローグ

人は完璧よりもスキがあったほうが取っつきやすい 確かに僕もそう思いますし 自分を客観的にみればきっとスキの固まりのような人間かも知れない 笑

今日は独り言のようなブログに(いつもそうか 笑)なると思いますが よろしければお付き合いください

IMG_3968

ちょっと焙煎機のご紹介

島珈琲には岡町本店と高槻店に1台ずつ焙煎機を設置しています 両方とも同じ日本のメーカーで同じ容量のモノですが 仕様を変えています
ですから たまに頭がこんがらがることもあります 笑

 

で 岡町本店の焙煎機は7年くらい前に買い換えたもので 高槻店ができた後もかわらず 日曜日になるとフル稼働で頑張ってくれています

 

少し専門的に言うと 岡町本店は半熱風方式の焙煎機ですが 釜の部分を厚釜にしています 2重にしているので2重シリンダーと呼ばれています 釜の下に熱源があるのですが 釜の熱伝導による焙煎の進行を極力弱め 釜の後方から熱風が入ってくるので その熱風で焙煎する方式です

 

高槻店のものは釜が鉄板ではなくパンチングになっており 釜の下の熱源から直接真上に熱風が釜内に入ってきます 釜の素材はステンレス仕様でし ステンレスは蓄熱をあまりしない素材なんですね
ですから 下から来る熱がパンチングを通り コーヒー豆に熱を与えていく焙煎になります

 

どちらの場合も共通しているのは 簡易的な熱風焙煎を行おうとしているところです
話がややこしくなるので止めておきますが 熱風焙煎は均一に火が入っていくので良いと考えています

ということでですね 少しですが仕様が違うので 焙煎のコントロール 作業方法も少し違ってきます

 

最近へんだなぁと思っていた

本店は岡町ですが 高槻店での焙煎をする時間が多いので 気づくのが遅かったんです
釜はカバーの中でぐるりんぐるりんと回っているのですが 隙間ができていたんですね
長く使っていると知らぬ間に隙間が空いてくるんです もちろんネジをしめて調整すればいいのです
それを行うのは簡単なんですね

IMG_3966

 

コーヒー生豆には小さい小さい規格外のホントに小さい豆が紛れ込んでいることがあり 今まではそんなこと無かったですが その小さい豆が釜とカバーの隙間に入ってバリバリ割れることが数回ありました それを警告ととらず 「こんなこともあるさ」と流してしまっていたのでした

 

エピローグ

それが機械にダメージを与えることはありませんでしたが 味の面で前から思っていた「以前とちょっと違う」という問題がそこにあったんですね 隙間ができることで釜内部の圧力が変わりますので 味も変化してしまうのです ネジを回しスキを最小にすることにより あっというまに問題は解決されました

 

何でこんなことに気づかなかったんだろ?灯台もと暗しだなぁ とクラクションが鳴ったにも関わらず気づいていないこと そんなことよくありますよね

長くなりましたが このブログで皆さんに言いたいことは「問題の答えは案外身近なところにある」ということでした

 

皆さんも何か迷ったり 問題が起きたらまず身近なところをゆっくり冷静に見つめてくださいね

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

悩みの闇から心理はうまれる・・・

  ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。 淀みに浮かぶうたかたは、かつ消え

記事を読む

ran ラン ran

自慢じゃないですが といいつつ 自慢になっちゃいますが  一度だけ70キロウルトラマラソンを完走した

記事を読む

今日のひとこと

 「できる」と信じるか「できない」と信じるかどちらも結果は完全にその通りになるフォード創業

記事を読む

歳を重ねていくのも 悪くないと思うこの頃

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 以前までは歳を重ねていくことを自分の心の中で

記事を読む

ひとのはなし

最近 人が話している途中に 遮って自分の話をしてしまうことがあり 話し終わってからあっしまった と反

記事を読む

no image

硬派とは

 書きたいことが疲れのせいで 淡泊な表現になってしまい 読んでくださる方に申し訳ないなぁ 

記事を読む

ハワイ島で過ごしたコーヒー農園を思ふ

時に香りと一緒に記憶を呼び起こすことってありますよね。 あ、この香り あの時の香りだ、記憶の一部分

記事を読む

毎日書いているブログのネタはどこから生まれてくるのか?

プロローグ Aさん「島さん、毎日ブログ更新してまめやね~」 僕「はい、豆屋ですから」って、しょー

記事を読む

続けること

  始めることよりも 続けていくことがむずかしい 自営業をはじめてから思ったことでした 日

記事を読む

今 あるもの 目に見えるものを大事にしよう

プロローグ 最近の娘のお気に入りは「アンパンマン」である。 同じ15分の物語を永遠かの如く、何回

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

コーヒーは主役か脇役か どっち?

まぁ正直、どっちでもいい話ですよね。 コーヒーは主役か脇役か、どっち

職人とSNSと仕事と

先日、東大阪からわざわざ高槻店に、パティスリーモンガトウのシェフ「とー

→もっと見る

PAGE TOP ↑