*

実はスキがあった 僕がスキだらけだから 焙煎機にスキが見つかった

プロローグ

人は完璧よりもスキがあったほうが取っつきやすい 確かに僕もそう思いますし 自分を客観的にみればきっとスキの固まりのような人間かも知れない 笑

今日は独り言のようなブログに(いつもそうか 笑)なると思いますが よろしければお付き合いください

IMG_3968

ちょっと焙煎機のご紹介

島珈琲には岡町本店と高槻店に1台ずつ焙煎機を設置しています 両方とも同じ日本のメーカーで同じ容量のモノですが 仕様を変えています
ですから たまに頭がこんがらがることもあります 笑

 

で 岡町本店の焙煎機は7年くらい前に買い換えたもので 高槻店ができた後もかわらず 日曜日になるとフル稼働で頑張ってくれています

 

少し専門的に言うと 岡町本店は半熱風方式の焙煎機ですが 釜の部分を厚釜にしています 2重にしているので2重シリンダーと呼ばれています 釜の下に熱源があるのですが 釜の熱伝導による焙煎の進行を極力弱め 釜の後方から熱風が入ってくるので その熱風で焙煎する方式です

 

高槻店のものは釜が鉄板ではなくパンチングになっており 釜の下の熱源から直接真上に熱風が釜内に入ってきます 釜の素材はステンレス仕様でし ステンレスは蓄熱をあまりしない素材なんですね
ですから 下から来る熱がパンチングを通り コーヒー豆に熱を与えていく焙煎になります

 

どちらの場合も共通しているのは 簡易的な熱風焙煎を行おうとしているところです
話がややこしくなるので止めておきますが 熱風焙煎は均一に火が入っていくので良いと考えています

ということでですね 少しですが仕様が違うので 焙煎のコントロール 作業方法も少し違ってきます

 

最近へんだなぁと思っていた

本店は岡町ですが 高槻店での焙煎をする時間が多いので 気づくのが遅かったんです
釜はカバーの中でぐるりんぐるりんと回っているのですが 隙間ができていたんですね
長く使っていると知らぬ間に隙間が空いてくるんです もちろんネジをしめて調整すればいいのです
それを行うのは簡単なんですね

IMG_3966

 

コーヒー生豆には小さい小さい規格外のホントに小さい豆が紛れ込んでいることがあり 今まではそんなこと無かったですが その小さい豆が釜とカバーの隙間に入ってバリバリ割れることが数回ありました それを警告ととらず 「こんなこともあるさ」と流してしまっていたのでした

 

エピローグ

それが機械にダメージを与えることはありませんでしたが 味の面で前から思っていた「以前とちょっと違う」という問題がそこにあったんですね 隙間ができることで釜内部の圧力が変わりますので 味も変化してしまうのです ネジを回しスキを最小にすることにより あっというまに問題は解決されました

 

何でこんなことに気づかなかったんだろ?灯台もと暗しだなぁ とクラクションが鳴ったにも関わらず気づいていないこと そんなことよくありますよね

長くなりましたが このブログで皆さんに言いたいことは「問題の答えは案外身近なところにある」ということでした

 

皆さんも何か迷ったり 問題が起きたらまず身近なところをゆっくり冷静に見つめてくださいね

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

どうしたんだい?

 と 自分に問うた 今日は日記を書く筆が進まない 筆と言うよりも キーボード打つ手がすすま

記事を読む

20連投

 12月16日を最後に 今日まで休みなしで20日間働きました とてもとても忙しくさせてもら

記事を読む

no image

やっちゃったよ

 昨日の日記のタイトル 「方便」となっていましたが 正しくは「方言」でした あほまるだしで

記事を読む

こりゃ~~ なんだ??

 閉店後看板制作をしていますので  日記のアップが遅くなっております いつも高槻のカフェB

記事を読む

高い次元をめざせ!

 トータルパーソンを目指してトータルパーソンとはあるべき人間像として知性と精神性を高い次元

記事を読む

おとなになること

  今日 タウン誌のシティライフさんの取材が高槻のカフェBeであり 取材が終った後 「実は

記事を読む

味は一期一会 いつも同じ味なんてありえない

プロローグ と、まぁ過激ぎみなタイトルになりましたが、先日お店を出される方から相談で 「3人がそ

記事を読む

お商売は水物 でも心は水物にしないために

プロローグ 「水」は「勝負は水物だ」と言われるような、運次第で大きな利益を得たり、逆に損失をこうむ

記事を読む

コーヒーの種からカップまで、人の成長でわかりやすく表現してみた

プロローグ 僕たちがコーヒーを飲もうとしカップを手にした時、ここまでどれだけの事があったんだろう。

記事を読む

no image

飲みたいんです!

 昨日は久々に休肝日にしました 日頃の疲れをお酒でだましだまししていましたが 肝臓が「うわ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
変化を望むときは、思い切りが大事

昨日、このような告知をさせて頂きました。   消

no image
消費税負担のお願い(実施時期 2018年2月1日より)

消費税負担のお願い(実施時期 2018年2月1日より) &n

11月21日は島珈琲 高槻店 5周年でした!

オープンして最初の1年目はもう業績がめっちゃ悪くて、どうしようかと未来

高級コーヒーの魅力とは?~短パンコーヒーの魅力に迫る~

今日はこんなツィートをしました。    

笑顔力 それは人生をあたたかいものに変える力 かな

今朝はこんなツィートをしました。   接客をして

→もっと見る

PAGE TOP ↑