*

マンデリンが危ない!

プロローグ

最近 日本の高品質コーヒー市場において いろんな打撃があります 円安になった 相場が上がったまま 今年もブラジルが不作かもしれない などなどを調べていると コーヒーの相場が下がる理由が今のところ見つからないのが現状です
暫くはこの状態が続くと思われます

 

僕たち小売店のいわゆるコーヒー生豆の卸し価格もジワリジワリと高騰し 10年前の資料をみると比べて1.5倍高になっています

高品質コーヒー(スペシャルティコーヒー)は世界的な流行りで 米国勢(スターバックス社)などの品質の良いロットの購入の勢いはすごいらしいです
そうしたことで品薄な状況が各地で起こっていること耳にします

 

個人で営む小売店と大企業では資本力が違います ですから僕がコーヒー屋として生き残るためにはどうしたらいいか 今のお客様に美味しいコーヒーをずっとお届けするにはどうしたらよいのか
今年はそのことを念頭において できるかぎりたくさんの そしていろんな勉強をして ずっとお客様に貢献できるような基礎をつくりたいと思っています

 

マンデリンはインドネシアで生産される高品質コーヒー

IMG_3964

写真はマンデリンコーヒーの焙煎する前の生豆です
他の国のモノと違い特殊な精製をするので 豆の色がとても深い緑色になっています

 

日本でもファンが多いコーヒー 「マンデリン」 マンデリンの置いていないコーヒー屋さんは珍しいくらいコーヒー屋には必需の銘柄だと思います

 

インドネシアは世界で3位もしくは4位のコーヒー生産量があります 3位4位争いは南米コロンビアとで僅差です そのインドネシアでは950万袋(1袋60キロの計算のはずです)の生産量があり マンデリンを含むアラビカ種はそのうち10パーセントほどです

その10パーセントの中の 更に少ない量の高品質コーヒーを取り合いしている状況です

 

今後マンデリンはどうなるのか

以前はそんなに米国勢がインドネシアのマンデリンにコーヒーに あまり興味を持っていなかったと記憶していますが そのスペシャルティコーヒーのブームによりマンデリンコーヒーに触手したはずだと思います

 

高品質コーヒーのブームは世界的に今後続くと思いますので マンデリンだけでなく高品質コーヒーの品薄状態は各地で起こりうると思ってます

 

ますます品薄そして高価になると思います それでこれをこの先どう目測すればいいのか
正直 僕にもまだ検討がつきませんが コーヒーを買い付けてくれる業者さんとそして生産者と関係性を築き それを強化させること ビジネスだけどお金だけじゃない関係 パートナーシップを建築していくことだと思ってます

 

エピローグ

これからだんだんと卸値が上がってきますので ある意味 個人店を含む中小のコーヒー店は ふるいかけられる時なのかもしれません
僕自身も 島珈琲もふるいにかけられている だから 何かをしていかないと そんな危機感を持っています

 

とりあえず来年の新しいマンデリンが輸入されるまで(来年の2月3月あたり)の今年使うマンデリンは島珈琲 確保しました
そこのところはご安心くださいね

 

危機感を持ち 何をすればお客様に貢献できるのかを めまぐるしく変わる環境から常に考えていきたいと思います
今日はマンデリンの品薄の話から僕の抱負のような記事になってしまいました

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

どうして僕がグァテマラコーヒーにこだわるのか?

プロローグ 島珈琲のメニューなどに「僕が最もこだわるコーヒー」とグァテマラのコメント欄に書いており

記事を読む

1日どれくらいのコーヒー豆の焙煎をしているの?

プロローグ 朝、高槻店や岡町本店に到着すると、まず一番初めに行うのは神棚の水を取り替え、手を合わし

記事を読む

続!合格コーヒー(ぼちぼち進んでます♪)

プロローグ どうやら胃腸炎らしきものになったようで、ここずっとお腹の調子が悪く、集中力が散漫に

記事を読む

赤いコーヒーの実は、どんな道をたどって僕たちの手元にやってくるのか?

プロローグ 僕がハワイ島へコーヒー栽培のボランティアに行ったのは、かれこれ15年ほど前。 専門誌

記事を読む

これでOK!ドリップする時に注意を払うべきところ

プロローグ 島珈琲高槻店は喫茶はカウンター6席。 オーダーストップは17時。  

記事を読む

僕にもコーヒーのことで分からないこともある

プロローグ いろいろコーヒーのことをブログで書いて、また店頭でもいろいろ聞かれたらできるだけお客さ

記事を読む

ミルクに合うコーヒーの作り方

プロローグ ミルクに合うコーヒー。 コーヒーを軸にしてミルクを入れるのか、ミルクを軸にしてコーヒ

記事を読む

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

職人としての大切な心

 焙煎を論議すると百人いたら百人の考えがある けども 焙煎機がどうだ とか ダンパーの使い

記事を読む

コーヒー豆を粉にする時、コーヒーメーカー用の挽き方があるの?

プロローグ たぶん秋頃になると思います。 出版する、僕のコーヒー本がの原稿が佳境に入りました。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲社会貢献部 障がいがある方の働く場所を増やそうプロジェクト進んでます!

なんと長いタイトルだろう。(笑)   はい、とい

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、

コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑