*

中煎りとか深煎りは つまり 焙煎時間の差

プロローグ

「人生はチャンスだ!」この言葉好きです 人生そのものがチャンスなんですよね 限られた時間を可能な限りどう使うか
成功ってその価値は人によって違いますが 僕は「幸せのカタチがどうあるかが見えた時」そんな風にも考えます

 

成功に自分を導くのはまず「行動」ですね 思いだけでは何のカタチにもなりません
失敗を恐れずに
失敗を失敗ととるか 失敗を成功の気づきとするかは自分次第

限られた時間をどう使うか それが「人生はチャンスだ!」だと思っています

 

今日は焙煎の時間について考えた

時間ということで 今日は焙煎時間による味わいの変化 それを簡単に説明します
浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 とまぁ日本では3つの表現をよく使います その総称が「焙煎度合い」と言われます
身近なもので例えるとお肉の焼き方 レア ミディアム ウエルダン のようなものですね

 

これは焙煎時間の長さで変化する味わいです
高品質コーヒーには良質な酸味があり これが焙煎時間が短ければ酸味がとらえやすい味わいに 焙煎時間の長さに比例して甘みに変わり苦味も形成されていきます 蛇足ですがコーヒー豆を極限まで焙煎すると燃えだします
僕も一度だけ初期の頃にしたことがありましたが びっくりしました

 

もちろんそれは炭になっちゃいます 飲めたものではありません(炭焼きコーヒーはこのことを言うのではありませんよ 笑)

 

これが焙煎の色の変化です

焙煎とは熱の力でコーヒー豆に化学変化を起こし あの「セピアとアロマの魅力」に変えることです
焙煎ではポップコーンをつくるように爆ぜ(はぜ)というのがありまして ポップコーンのもとをフライパンで加熱していたら ポンポーンとなりますよね あれを爆ぜといいます あれがコーヒー豆でも焙煎によって起こります

 

それが2回あって 1回目を1爆ぜ 2回目を2爆ぜといっています
コーヒーの世界は定義がないものが多いので コーヒー屋さんによって言うことがバラバラなんですが 僕の定義では1爆ぜが終わったところあたりが浅煎り(写真上から4段目あたり) 2爆ぜに入った地点が中煎り(写真6段目あたり) 2爆ぜのピークが深煎り(写真下から2段目あたり)というように分けています

IMG_3933

 

もちろんその国その農園によって 中煎りがベスト 深煎りがベスト というのがあります
そしてお店 焙煎する人 焙煎機 技術 いろんな条件がありますので違いはありますが だいたいこのようなものだと思ってください

 

エピローグ

味の変化の詳しいことは また次の機会にしまして 同じブラジル産の豆でも焙煎度合いが違えば味も違うわけで そのベストポイントを見つけるのが我々焙煎職人であり その各々のポイントの違いはお店の個性ということになります

 

やる気になれば1種類のコーヒー生豆で焙煎度合いを変えれば 何通りもの味わいができるんですね
深煎りが向き不向きのコーヒー豆があったり個性も千差万別です

そのあたりもまた次の機会にお話しますね

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーが好きなあなたへ 僕がブログを書きたい理由

日曜日は、日曜日だけが営業の岡町本店へ。 ここに来ると、開業して駆け出しの時のことをよく思い出しま

記事を読む

どうして食後にコーヒーが欲しくなってしまうのか

プロローグ 朝ご飯の時はパンと一緒にコーヒーを口にしたりしますが、お昼や夜は食後にコーヒーが欲しく

記事を読む

ばっちぐー

 たぶん死語であろう「ばっちぐー」 今日 コーヒーシロップにする焙煎豆の味見をしたら 開口

記事を読む

超コーヒー引力の法則

準備が整いました! 昨日は無添加コーヒーシロップ(カフェオレベース)の焙煎を終え 今日はバックシー

記事を読む

汚れちまった悲しみに

 得てして僕の日記のタイトルは  日記の内容と関連性がないことのほうが はるかに多い 今日

記事を読む

僕が影響を受けたコーヒーの巨匠たち

    16日と17日で両親と家族で温泉旅行を行ってきます。

記事を読む

コーヒーシロップ加糖 仕込み完了!

 コーヒーシロップ 無糖も加糖も 仕込みに関しての内容は 実は一緒なんです 焙煎止めの温度

記事を読む

たくさんあるコーヒー器具、どれを選ぶべき?

最近、娘のはやりの遊びは神経衰弱。   今はメモリーゲームっていうんですね。

記事を読む

いよいよです

コーヒーシロップ無糖がいよいよです 新しいホームページがいよいよです コーヒーシロップ無糖の仕込みが

記事を読む

どうして僕がグァテマラコーヒーにこだわるのか?

プロローグ 島珈琲のメニューなどに「僕が最もこだわるコーヒー」とグァテマラのコメント欄に書いており

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーを濃い味か薄味にドリップする、基本的な方法

ご存じでしたか、カフェインは水(お湯)の温度が高いと溶けるけども、温度

グァテマラコーヒー 新しい銘柄にチェンジしました!

昨日は出来るだけ早く帰ろうと思っていましたが、なんやかんやと仕事がかさ

1日に焙煎している量はどれくらいですか?

今週は月末、スケジュール的には余裕があるつもりで居たのですが、実はそう

お店をするのに大切なことは何?

久々に飲み過ぎました。 昨晩、飲み会がありました。  

島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

→もっと見る

PAGE TOP ↑