*

コーヒーは熱いときが美味しいとは限らない

僕の鍵はお店とかシャッターとか カフェBeとか家とかうじゃうじゃ沢山あるのですが 必ず家の前で 家の鍵を探すのにまごつくんです それに気づいた娘がやってきて 扉の向こうで待っており 開けた瞬間に両手いっぱい広げて飛びついてきます 何でもないことですが非常に幸せな気持ちになります

 

こんな気持ちになってもらえるようなお仕事を心がけたい こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

さて 温かいモノは温かいうちに 冷たいモノは冷たいうち お客様におだしするのが飲食業界の鉄則です
コーヒーももちろん 少しでも冷めないうちに運んでいくことが大事です

ここまでは当たり前の話なのですね

 

先日 フェイスブックの投稿でこのようなこと書きました

 

人の味覚は体温から±25℃が美味しく感じる温度帯のようです
ですから 温かい飲み物は60℃から70℃くらいがちょうど美味しく感じます

コーヒーの味に含まれる「甘み」は体温近くの温度帯がより感じるようです
「苦み」温度が高いときはマイルドに 感じ低くなるとストロングになります
「酸味」は温度帯によっての変化はなく 常に同じように感じるようです
こうしてみると同じコーヒーでも温度帯で味は変化することがわかります

 

ミルクを入れる 砂糖を入れる を今回は省いた話になりブラックで飲んだとしての話を進めていきます

 

温度帯によってコーヒーの味は変わります
例えばマグカップに熱いコーヒーを注ぎ ゆっくりと読書しながら飲んだとしましょう

IMG_3906
ゆっくりですから だんだん冷めてきますね 上に書いたように熱いコーヒーは冷めると体温に近くなってくるわけで 甘みをグッと感じるようになります

 

もうひとつ加えると コーヒーの持っている個性的な味の輪郭が見えてきます(とらえることができる)

 

僕たちプロはカップテスト(味見)するときに必ず 温かいとき ぬるくなってきたとき 冷めた時の味の変化をチェックします 温かいときに見せなかった味わいを冷めた時に見せてくれたり そんなことがコーヒーにはあります

 

特にスペシャルティコーヒーと呼ばれる高品質コーヒーにそれはよく見られ 冷めた時に素晴らしく美味しい出会いがあることもしばしばです

 

ちなみに焙煎の良し悪しも 使われている原材料のコーヒー豆の品質なども コーヒーが冷めた時に一番わかるので 冷めた時のチェックは自店のみならず どんなお店でも見てしまうのは僕の職業病だと思ってます 笑

 

ブラックの方限定のお話になりましたが(ミルクと砂糖をいれるとちょっとわかりずらくなるんです) そうして温度帯をちょっと意識するとコーヒーはすっごく楽しい飲み物になってきます 読書や会話の長付き合いの時はちょっとそのことをアタマに入れておければ更に楽しくなるはずです!

 

いつもありがとうございます

焙煎アーティスト 島規之

 

 

※但し美味しくないコーヒーは冷めると更に美味しくなくなる可能性もあるのでご注意ください アハハハ・・・

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

初心者必読!ペーパードリップで1杯淹れるのと2杯淹れるのとどっちが安定するか?

プロローグ 次の月曜日にコーヒーセミナーをしてほしいとご依頼がありまして、高槻上牧にあるイタリアン

記事を読む

どうして日曜日だけの営業なの?

現在ではそんなに珍しくなくなった週○○日だけの営業。 島珈琲岡町本店が日曜日だけの営業になったのは

記事を読む

エスプレッソを深く知る

 そうです 深く知るため 勉強するために 来週16日の水曜日は カフェBeは臨時休業致しま

記事を読む

布施弁天へ行こう!

 と言っても 千葉なので僕は行けそうでなかなか行けません 何を隠そう 千葉 柏市の布施弁天

記事を読む

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

ミルによって違うコーヒーの味わいをカンタンに書いてみた件

プロローグ コーヒーの味わいは、ほんとにいろいろな事で変化します。実にデリケートです。 コーヒー

記事を読む

コーヒーの木

 すくすく育ってます! 実をつけるのはいつの日だろうか 今日はお疲れなので日記はこれまで

記事を読む

コーヒー豆を粉にする時、コーヒーメーカー用の挽き方があるの?

プロローグ たぶん秋頃になると思います。 出版する、僕のコーヒー本がの原稿が佳境に入りました。

記事を読む

良い習慣は人生を豊かにする

今朝 高槻店で荷物を積んで岡町本店に来るときは 寒いくらいでしたが 日中は暑く ここは外国か?と

記事を読む

コーヒーの味覚を鍛えるにはどうしたらよいのか?

プロローグ 時々、僕のイメージが家でワインとチーズを食べているような、そんな高級なイメージをお持ち

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑