*

焙煎カーブをえがく

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

僕は「人生とはなんぞや」というのを昔から考えるのが好きで 哲学書をよんだりしていました
答えなんかないのですが どうしたら心を軽くして人生を過ごせるのか?どうしたらプラス思考でいられるのか?どうしたらよりよい人生を歩むことができるのか?ことあるごとに考えます

 

で 今現在のところでた答えは「人に与える」こと
「ありがとう」の言葉もそう 「笑顔」もそう 「ちょっとした心遣い」もそう 見返りを求めない心で与えること だと思ってます そうすると心に一番大切な「感謝される」という特大な報酬をうけることになります

もちろんそれは金銭やモノでありません 心遣いに対して感謝の心を頂くことにより 心の豊かさに必要な心の財産が増えるから だと今のところ そう理解しております なかなか実践はむずかしいですが・・・

昨晩 お風呂の中でそんなことを考えていると 人生は焙煎カーブだな なんて突飛なところにたどり着いた

 

IMG_3838

 

焙煎カーブとは

 

時間と温度のグラフで描くカーブのことを我々はそう呼びます
コーヒー生豆を180℃くらいで焙煎機の釜に投入します
すると一旦100℃くらいまでコーヒー生豆や釜の温度は下がります

 

そこから火力によって釜内の温度 コーヒー生豆の温度は上昇し 各々焙煎職人の焙煎止めの温度までもっていきます 焙煎機によって違いますがだいたい焙煎止めの温度は200℃前後からそれ以上です

IMG_3839

 

マシンの性能は置いといて 焙煎は時間と温度の関係で このカーブを写真1のカーブように鋭角にするなら火力をあげ 3のように緩やかにするのなら火力を下げる とまぁ単純に言うとそんな感じです
(もちろん 火力以外にもいろんな事を必要とします)

 

焙煎機の性能とこの温度と時間の関係が コーヒー豆の味を左右するんですね
つまり職人さんは頭の中で 原料のコーヒー生豆を見たときに どんな焙煎カーブを描くかを頭の中で想像し実践し そして味を確かめる そういうことをひっくるめて「焙煎カーブ」我々の中でそう呼んでいます

 

で その焙煎カーブが何で人生に関係あるのかというと 温度が落ちるときははやく 上がるときはゆっくりで だいたい何でもやり始めの時はドーンと落ちて そこから徐々に上にあがってくるよなぁ~ もちろん どんな事においても「力」が必要で 焙煎なら火力 人間なら努力 ってことですね

 

ということをお風呂で考えていたのでした 今日は今年最後のブログとなりましたが 人生と焙煎カーブ 最後はもっと明るい話題でいきたかったのですが まぁこれも僕らしくていいか なんて思いました

 

今年も1年ほんとうにありがとうございます
また来年も皆様をちょっとほっこりしてもらうコーヒーとブログを続けていきますので どうぞご贔屓に
来年は皆様にとってとっても素晴らしくハッピーで健康な1年でありますよう 心から願います

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ストアコンセプト

昨日は島珈琲 営業企画部会議でした 約6時間にわたる話の中で また一歩前進しました 島珈琲のストアコ

記事を読む

コインは投げられた

 裏とでるか 表とでるか 晴れになるか 雨になるか 明日はありがとう祭りの準備が夜遅くまで

記事を読む

人は悲しかったことや つらいことの方が記憶している

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   最近まで娘が風邪をひいて

記事を読む

点と点をつないでいって 線にする

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日は臨時休業を頂きまして申し訳

記事を読む

コーヒーを濃い味か薄味にドリップする、基本的な方法

ご存じでしたか、カフェインは水(お湯)の温度が高いと溶けるけども、温度が低いと溶けにくいのです。

記事を読む

店舗デザイン

  ありがとうございます 皆様からたくさんのお祝いのお言葉を頂きまして 感謝感謝です さて

記事を読む

no image

忙しい

 休みの少ない毎日を過ごし 「忙しい」を理由になかなか友人に会えないけども 今日は時間差で

記事を読む

やっぱりコーヒーは楽しいよ 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が僕には流れている

こんにちは 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が流れている 焙煎アーティスト 島規之です!

記事を読む

この道具を選ぶわけ ひとつひとつに意味がある

明日14日から15日の2日間 加賀温泉 山代温泉 宝生亭という旅館で おこなわれる合宿セミナーに参加

記事を読む

恋もコーヒーも ちょっと冷めた時に見えてくる

 今朝はモカでも飲モカとおもい 中焙煎のマイルドタイプのエチオピアモカを頂いておりました僕

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
何が違う?円すいドリッパーの持ち味とは

ペーパードリップのドリッパーのカタチも様々ですよね。  

2/25(日)は岡町本店臨時休業です!25日26日高槻店は営業します!

今回はお知らせブログです。   明日2月25日 

焙煎アーティストとは一体なんなのか?

まず重要なお知らせから。 2月25日日曜日、26日月曜日、本来な

ペーパードリップでペーパー濡らすべきか否か

例えばヒマなときには全く気にならないのに、忙しい時に限って、あっここ汚

怪しいな、と思う電話があれば電話番号ごと検索してみるのがいい、と言うお話

電話の向こうで、あたかも関西電力を装ったように話だしたので、???と思

→もっと見る

PAGE TOP ↑