*

焙煎カーブをえがく

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

僕は「人生とはなんぞや」というのを昔から考えるのが好きで 哲学書をよんだりしていました
答えなんかないのですが どうしたら心を軽くして人生を過ごせるのか?どうしたらプラス思考でいられるのか?どうしたらよりよい人生を歩むことができるのか?ことあるごとに考えます

 

で 今現在のところでた答えは「人に与える」こと
「ありがとう」の言葉もそう 「笑顔」もそう 「ちょっとした心遣い」もそう 見返りを求めない心で与えること だと思ってます そうすると心に一番大切な「感謝される」という特大な報酬をうけることになります

もちろんそれは金銭やモノでありません 心遣いに対して感謝の心を頂くことにより 心の豊かさに必要な心の財産が増えるから だと今のところ そう理解しております なかなか実践はむずかしいですが・・・

昨晩 お風呂の中でそんなことを考えていると 人生は焙煎カーブだな なんて突飛なところにたどり着いた

 

IMG_3838

 

焙煎カーブとは

 

時間と温度のグラフで描くカーブのことを我々はそう呼びます
コーヒー生豆を180℃くらいで焙煎機の釜に投入します
すると一旦100℃くらいまでコーヒー生豆や釜の温度は下がります

 

そこから火力によって釜内の温度 コーヒー生豆の温度は上昇し 各々焙煎職人の焙煎止めの温度までもっていきます 焙煎機によって違いますがだいたい焙煎止めの温度は200℃前後からそれ以上です

IMG_3839

 

マシンの性能は置いといて 焙煎は時間と温度の関係で このカーブを写真1のカーブように鋭角にするなら火力をあげ 3のように緩やかにするのなら火力を下げる とまぁ単純に言うとそんな感じです
(もちろん 火力以外にもいろんな事を必要とします)

 

焙煎機の性能とこの温度と時間の関係が コーヒー豆の味を左右するんですね
つまり職人さんは頭の中で 原料のコーヒー生豆を見たときに どんな焙煎カーブを描くかを頭の中で想像し実践し そして味を確かめる そういうことをひっくるめて「焙煎カーブ」我々の中でそう呼んでいます

 

で その焙煎カーブが何で人生に関係あるのかというと 温度が落ちるときははやく 上がるときはゆっくりで だいたい何でもやり始めの時はドーンと落ちて そこから徐々に上にあがってくるよなぁ~ もちろん どんな事においても「力」が必要で 焙煎なら火力 人間なら努力 ってことですね

 

ということをお風呂で考えていたのでした 今日は今年最後のブログとなりましたが 人生と焙煎カーブ 最後はもっと明るい話題でいきたかったのですが まぁこれも僕らしくていいか なんて思いました

 

今年も1年ほんとうにありがとうございます
また来年も皆様をちょっとほっこりしてもらうコーヒーとブログを続けていきますので どうぞご贔屓に
来年は皆様にとってとっても素晴らしくハッピーで健康な1年でありますよう 心から願います

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

エスプレッソを深く知る

 そうです 深く知るため 勉強するために 来週16日の水曜日は カフェBeは臨時休業致しま

記事を読む

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

好きと決めた明日があればいい

今朝は自転車をこいでいると 半袖を着てきた自分は 間違えではないだろうか? と思うくらい涼しく 一気

記事を読む

凱旋!島珈琲のコーヒーセミナーは、こんな感じでした!

プロローグ 昨日は高槻・上牧にある二十四節記さんの中にあるイタリアンレストラン リストランテ・コン

記事を読む

うえはら鍼灸整骨院

 今日は帰りにカフェBeの近く 高槻・氷室町の うえはら鍼灸整骨院さんで肩をほぐしてもらい

記事を読む

コーヒーを取り巻く環境はどんどん良くなっている

昔は、昔は、なんて口癖になってしまいそうなくらい、最近ブログでよく利用している言葉なってしまってます

記事を読む

ええもんをおだししたい!

  お客様にはええもんをおだししたい! いいコーヒーを仕入れたとき 見た時 お客様の笑顔が

記事を読む

毎日書いているブログのネタはどこから生まれてくるのか?

プロローグ Aさん「島さん、毎日ブログ更新してまめやね~」 僕「はい、豆屋ですから」って、しょー

記事を読む

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。   というのも島珈

記事を読む

夢を語ろう

プロローグ 夢をかなえたいのであれば、夢を多くの人に語るのがいい。 そんなことを聞いたことがあり

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲社会貢献部 障がいがある方の働く場所を増やそうプロジェクト進んでます!

なんと長いタイトルだろう。(笑)   はい、とい

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、

コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑