*

たぶん僕は豊臣秀長と気があうと思う

先日 体調不良で一日布団で過ごしたとき 本棚から豊臣秀長の歴史小説を読み直した

 

昔は本棚に沢山の本があったけど 一度整理してホントに繰り返して読むことがあるだろうと思うものと 娘が成長したときにひょっとしたら読みたいと思うかな?という本をピックアップしたものを残し あとは寄付しました

残ったうちの一つが豊臣秀長の本です とっても好きな本の一つです
羽柴秀長と呼ばれる時代もあったこの人は誰?

 

秀吉や その子 秀頼の名は知られていますが 秀長とはいったい何者だったのか
そうです 秀吉の実の弟なんですね
生涯 秀吉の補佐役としてあまり日向にでることもなく ひたすら出世街道をひた走る秀吉に起こる 困った問題 細かい問題を秀長は処理し どんなときも兄を立て 前にでず 秀吉を支えた功労者だったんです

 

秀吉の晩年 ご乱心が特に多くなったのは秀長が死んでからのこと 農民から下克上だった時代を駆け上がり あり得ないくらいのスピードで出世し天下を治めた秀吉 
組頭になるかならないころ秀吉には悩みがあった

農民から這い上がってきたので 譜代の家来がいない 心の底から信用できる家来がいない そこで農民だった弟・秀長を半ば強引に家来にし 2人三脚になり猛烈な勢いで時代を駆け巡った ということなんです

 

どんな時も秀吉の前にでず スパーサブに徹した男
秀長とコーヒーを飲むなら そうだ コロンビアの中焙煎の煎りたてコーヒーをウエッジウッドで楽しみながら香りに包まれ リラックスしながら 「スーパーサブとはなんぞや」 というお話をおうかがいしたい

 

僕はスーパーサブと言われる人の生き方が大好きです なぜか?それは島珈琲のコーヒーも皆さんの生活におけるスーパーサブでありたいから

 

コーヒーは会話をもっと楽しくするためのものであったり 一人で考え事をするときの良きお供であったり リラックスするときにそばで「ごゆっくりどうぞ」と香りがあなたに語りかけるようなものであったり 美味しいスィーツを引き立てる脇役だったり・・・などなど

 

そんな役割になりたいのですね島珈琲は
あなたのスーパーサブになりたいのですね島珈琲は

ですから 僕の生き方自体が だんだんスーパーサブ的になってきた 笑

 

天下を治めた豊臣秀吉を支えた弟 秀長
向き合えることができるなら きっと良いお話ができるだろうなぁ
「もう兄者が大変でなぁ せっかちでなぁ」なんて笑って話しながらコーヒーを飲めたら いやお酒でもいいなぁ 笑 きっと楽しいはず と思いながら昨晩 続きを読み 今日の楽しみにと少しページを残しその本を閉じました

IMG_1566

 

いつも【のほほん】と心穏やかに

 

ありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

 

今朝はこんなことツィートしました


 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

俺が死ぬときはコーヒーに溺れて沈むときだ!

プロローグ コーヒーが好きです。 掘り下げるなら、コーヒーの焙煎が大好きです。 機械とにらめっ

記事を読む

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。   というのも島珈

記事を読む

島珈琲の3店舗はこんなふうに管理している

現在、島珈琲は委託されている姉妹店のカフェBeを合わせて3店舗あります。  

記事を読む

いつもコーヒーの味が違うんだけど、いれ方が悪いのかなぁと思うあなたへ

プロローグ 今年はほんとに気候が不安定ですね。 お身体の調子、崩されていませんか?朝晩まだまだ肌

記事を読む

コーヒーの香りは3つある だから楽しみも3つある

プロローグ 先日、僕のブログを見て「本を書いてみませんか?」と商業出版でのお話がありました。 お

記事を読む

日本人のDNA茶の湯の心と珈琲器具選びは関係あるのか

はい 長いタイトルになりましたが 今日は僕が思う日本人が持つ 茶の湯の心と コーヒー器具の選び方が 

記事を読む

しまこーひー夏の陣 アイスコーヒー達が出揃いました!

プロローグ さてさてさて、関西は梅雨入りしぼちぼち夏モードになりました。それにあわせて島珈琲の夏の

記事を読む

ながいネーミングってどうなの?

ついんスターさんと出会ったのは熊本に出張に行ったときでした ついんスターさんは熊本菊池で美味しいアイ

記事を読む

ナチュラル と ウオッシュ コーヒーの精製法

プロローグ コーヒー生豆が日本に届くまで ほんとにいろんな行程があり 様々な人の手がかかっています

記事を読む

オリジナルブレンドのカスタムオーダーもお受けしてます!

プロローグ 昨日、お客様から相談というか、雑談というのかわかりませんが、こういうお話をしていました

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ドリップ?焙煎?コーヒーの香りはどこで決まるのか?

コーヒーは香りのものですよね。 特に女性はコーヒーにおいて、味わいと

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。 &nb

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

→もっと見る

PAGE TOP ↑