*

夢を持て そして危機感を抱きしめろ

公開日: : coffee, 感謝!!, 日記 ,

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

IMG_4379

 

昨日 長くお付き合いのあるAさんが御来店 Aさんは僕にとってエスプレッソの師匠であり 僕はAさんにとって焙煎の師匠(というのは大げさかな 笑)という変な師弟関係の真柄です

そのAさん 近々コーヒーショップをオープンするらしく焙煎機について相談があるということで 少し雑談を交えながら相談を聞いていました

 

お店をオープンする となるとほんとにいろんな覚悟いると思うし勇気もいる
自分の過去と照らし合わしながら いろんなことを思い そしてこれからのこと考えました

人口は減少していく中 コーヒーショップ(コーヒー豆屋さん)もややブーム的な動きもあり 増えては減り 増えては淘汰されを繰り返し 高品質コーヒー豆を買われるお客様のキャパシティはある程度決まっている中で 取り合いをしている状況に思えます

 

コーヒー豆の生産と消費される量 いわゆる需要と供給 これがこの先ある年から供給が足りなくなる可能性が予測されている 需要と供給のバランスが崩れたときコーヒー豆を販売している僕たちにもその余波は必ずやってくる

少し話はずれるけど ITの進化により例えば自動運転の車とかこの先インフラ化していけば 経済は間違いなく変化するだろうし 携帯電話の進化を見ればわかるように10年での物事の変化は激変していく時代になった

 

こうした考えられる先々に起こる可能性のある 様々な状況変化に対して僕はかなり不安を持っています
でも不安というのも 不安を消し去るために何かの動機になり それはいいように使えばいいと思う

 

人生は楽観的でありたい でも真の楽観的というのは 僕は「悲観の境地」なんだと思う
こんなことが起こりえるかもしれない こんな失敗があるかもしれない そんなマイナスを受け入れる覚悟ができていて もしマイナスな事が起こったとしても受け入れる準備ができているので「まっいいか」となれるのが 真の楽観的じゃないかと

 

夢は叶ったところがゴールではなく 「継続すること 」継続していけば汚れてもゆく
だけどその夢を発展させ さらに大きく もちろん「自分のためだけに」ではなく喜ぶ人のために そして輪が大きく広がった時 初めて自分の夢の本質を知ることになると思う

 

聞くところによると 今は起業して10年後に残るのは 100人中6人くらいしかいないらしいです

Aさんとは この先10年後 同じコーヒー屋さんの経営者として握手をしていたい そんなことを考えた11月の夜でした

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

 

今朝のツイッターでは こんなことつぶやきました

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド花の味わいについて

世間では3連休のはじまり 各地ではイベントなど盛大に行われているのではないでしょうか?こんな日 高槻

記事を読む

コーヒー豆の脂ってナニ?というお話

長くブログを続けていると、ブログのタイトルを見つければその日のブログはもう書いたも同然、な感じになる

記事を読む

外資系コーヒーチェーンが日本のコーヒーの歴史に刻んだこと

職業柄としてどうしても、家族などでお店に行くと店内を見渡してしまいます。 スタッフの動線がどうなっ

記事を読む

布ドリップ(ネルドリップ)が家庭に普及しないワケ

プロローグ 僕の中ではドリップで美味しさ最強と信じている「ネルドリップ」。布ドリップとも呼ばれます

記事を読む

モノは作り手を反映する

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日はお休みを頂きまして 娘のク

記事を読む

僕がPOPを書くときに気をつけていること

プロローグ このブログは誰に向かって書いているのかというと、僕は島珈琲を愛してくれているお客さまに

記事を読む

no image

いつでももっといでや

 先日 義援金プロジェクトの千葉ミレーさんの野菜を 購入して頂いたお客様宅へ 配達しに行っ

記事を読む

白黒のじだい

  僕の実家は豊中で 島珈琲 岡町店 から歩いてすぐの所にある 高槻に住んでいる僕は いつ

記事を読む

ドリップコーヒーをティファールで美味しくいれること考えた vol.1

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今回はティファールでドリップコー

記事を読む

世界各国にあるコーヒーの産地、味の違いはどうしたらわかるの?

昨日は、あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんがブログで島珈琲のことをめちゃくちゃ素敵に書いてくだ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
違うの?一番美味しい時は焙煎したてのコーヒー豆なのか

昨日は友人たちと西宮・船坂にある古材問屋に行ってきました。 古材問屋

そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて

僕がペーパードリップで大事にしている1つのこと

娘と日本むかしばなしを見ています。 夜はだいたい20時くらいに家に帰

定番ネタ カフェラテとカフェオレの違いって何か

昨晩はエクスマ塾69期の同窓会でした。   個性

→もっと見る

PAGE TOP ↑