*

焙煎アーティストがオススメするコーヒーメーカーとは?

「オススメのコーヒーメーカーはどれですか?」とよくお客様に聞かれますので 僕がオススメするコーヒーメーカーを今日はブログでご案内しようと思います
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です
(写真は家で使っている今は廃盤になったコーヒーメーカー)

 

IMG_0882

一般に量販されている商品において われわれ小売店は価格では大手にかないません ですから僕は商品だけをオススメして インターネットで安いところを調べてお買い求めください とお伝えしています

 

もちろん島珈琲で買わないマシンでも わからないことに対してご質問があれば 今までもお答えしてきましたし これからもその姿勢を変えることはありません

 

今に始まったわけでもないのですが いつも「商売っ気ないなぁ~」と言われます どこででも買えるものはできるだけお安く買えるところをオススメして お客様に得してもらうことの方がお客様にとって良いことだと思ってます(大きい声では言えませんが でもコーヒー豆は島珈琲で買ってね・・・笑)

 

たまに「高くてもいいから島さんから買います」と言ってくださるお客様もいますが・・・それはほんとに感謝です ごく稀に島珈琲の方が価格が安いこともありますが 大抵アマゾンなどの方が安いことが多いです

 

で 先日 お客様からコーヒーメーカーのことでご相談がありましたので お探しの方に僕のオススメのコーヒーメーカーをご紹介します

 

それはこれです!メリタ アロマサーモ ステンレス

IMG_9321

 

機能的な事はカタログを見て頂けばわかりますので割愛しますが カタログには載っていない使った人にしかわからないことを書いておきますね

 

コーヒーを作るときのお湯の温度は93℃くらいが良いと以前ブログに書きました このコーヒーメーカーは内部にあるヒーターを使いお湯にするのですが 90℃以上にならない限りコーヒーの粉に落ちず 循環して再度ヒーター部を通り90℃以上なってはじめてポタポタと落ちてくれる機能があります

だから他のものと違い 美味しく出来上がります

 

それと受けポットがステンレスです だいたいはガラス製で抽出したコーヒーが冷めないように電熱ヒーターが底部に敷いてあります この場合時間が経てば経つほど ヒーターの熱で煮詰まってしまい せっかくのコーヒーがまずくなってしまいます

 

ステンレスポットいわゆる魔法瓶ですよね 時間の経過と共に少しは冷めますが煮詰まらないので 美味しさはキープしています

 

実際 僕の家ではこの同じもので型が古いタイプのものを使っており性能はほぼ一緒です
毎晩このコーヒーメーカーで 島珈琲のコーヒー豆を家族で美味しく愉しんでいます 笑
プロが言うから間違いない!シックでオシャレですしね
カタログはこちらです
http://melitta.co.jp/personal/coffeemaker/aroma-thermstainless.html

 

コーヒーメーカーに迷った時はぜひ参考にしてくださいね!

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

本文には関係ありませんが 笑 今朝のツイッターにはこんなことを書きました

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

わからんかったけど勉強しました!コーヒーギフトと熨斗(のし)

開業した当時は、コーヒーギフトのことなど頭の隅にもありませんでした。 なぜか? 包装紙の包み方が

記事を読む

焙煎道

 剣術と剣道 柔術と柔道 道という字がはいることで それは生きる道 つまり哲学をも 考える

記事を読む

コーヒー豆の鮮度って何なのか?

プロローグ 来年にコーヒー本を出版するため、原稿を毎日コツコツ書いています。 そんな中でコーヒー

記事を読む

コーヒー豆(粉)を保存するときに気をつけたいこと

プロローグ コーヒー豆の保存のことはコーヒーの質問において、僕の経験上で最も多い質問です。

記事を読む

フルーティなアイスコーヒー 発売決定!

フルーティなアイスコーヒー すっきりさわやか仕立て リキッドタイプで発売を決定します! 味の狙いは 

記事を読む

味の変化

高槻店の焙煎機を使い始めて10ヶ月あまりが経ちました僕の焙煎機のシリンダーは従来の鉄製でなくステンレ

記事を読む

3つ穴ドリッパーと円すいドリッパーの決定的な違いは何?

昨晩は家に早く帰れる日だったので、お土産にたこ焼きを買って帰りました。   た

記事を読む

コーヒーの酸味とパインアメ

コーヒーは基本的に酸味と苦みで表現される大人の飲み物。   酸味と苦みとは本来

記事を読む

ギフト ギフト ギフト

 今年はありがたいことにギフトのご注文をたくさん頂いております 小学生のころ 折り紙は大嫌

記事を読む

味は一期一会 いつも同じ味なんてありえない

プロローグ と、まぁ過激ぎみなタイトルになりましたが、先日お店を出される方から相談で 「3人がそ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑