*

深焙煎と中焙煎 同じグラムでも見た目の量が違うのはなぜ?

こんにちは!焙煎アーティスト 島規之です

 

昨日はお休みを頂き 家族と友人の畑にお邪魔して おいもほりをしてきました
とても大きなサツマイモがたくさんあり よく見てみるとミミズや昆虫がたくさんいて よく肥えた土だからこそこんな立派なおいもができるんだなぁー なんて思いながら 「久しぶりに土をさわるのもよいもんだ」 なんて良い一日を過ごさせて頂きました

 

さて 今日は中焙煎と深焙煎 見た目は同じなのに 実は量が違うことをお話したいと思います

IMG_1223

写真の瓶には 右側が中焙煎のコーヒー豆 左側が深焙煎のコーヒー豆がそれぞれ入っています
見た目は同じくらいの量ですが 実際はどうでしょうか?

右側の中焙煎のコーヒー豆は721グラム 左側の深焙煎のコーヒー豆は631グラム ぞれぞれグラムを計ってみるとそのような数字がでました 見た目はほぼ一緒なのに約100グラムくらいの差があります

 

それはなぜか

 

中焙煎と深焙煎の違いは コーヒー豆が火にかけられている時間の長さの違いで火にあぶられる時間が長いほど苦味成分を形成していきます そして火にあぶられているとコーヒー生豆の中にある水分などが化学反応し 蒸発などして コーヒー豆の重さに変化を与えていきます

ですから 下の写真のように 大きさにも変化が表れます

IMG_0816

左が中焙煎のコロンビアのコーヒー豆 右が深焙煎のコロンビアのコーヒー豆 どちらも同じ銘柄サマニエゴ農園のもので焙煎加減だけの違いです あきらかに中焙煎のコーヒー豆の方が小さく見えますよね

 

こうして見比べてみるとよくわかるのですが 中焙煎のものは深焙煎のものと比べ 火にあぶられている時間が短いために 水分などを多く含んでいます 逆に深焙煎のものは中焙煎のものよりも多くの時間 火にあぶられているので水分などが多く蒸発し 軽くなっています

 

グラム数でいうと水分を含んでいる分 中焙煎のほうが1粒の重さは思いです
豆1粒の大きさは深焙煎の方が大きく 長く火にあぶられている分だけ 化学反応をおこし繊維質が中焙煎のものより多く伸ばされているということになります 
ですから 深焙煎のコーヒー豆は中焙煎のコーヒー豆より大きいのに 1粒の重さは軽い ということになります

 

このことにより 豆や粉をコーヒー用の計量カップ(メジャーカップ)で計るとき だいたい中焙煎で計量するとちょうどよいくらいに設定されているものが多いので 深焙煎のモノは少し多めに計量してもらえばいい塩梅 ということになります

中焙煎はすり切れ気味で 深焙煎はやや盛りぎみで そうすれば適正なグラムになることを 頭の隅に置いといて頂ければと思います

FullSizeRender1

深焙煎ですとこれくらいで10グラムちょいになると思います(10グラム用のメジャーカップを使用)
ぜひ参考にしてくださいね!

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

 

昨日はこんなにおいもがほれました!

IMG_3810

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆は一度にどれくらい買うのが適量なのか

昨日、お店が終わりかける時間くらいに親父から電話がありました。   えっどうし

記事を読む

コーヒーポットの選び方

今日の大阪は曇り 朝の風は涼しく 日の光がないぶん暑さは少しマシな気がしますが 今年は湿度が高いよう

記事を読む

コーヒー焙煎と煙とニオイ

プロローグ ご存じですか?コーヒー焙煎の時に出る煙は結構スゴイということを!? ということで、今

記事を読む

no image

完成間近 田中カプチーノ

 施設利用者のT君 カプチーノが完成間近である イタリアの高性能エスプレッソマシン 「ラマ

記事を読む

焙煎アーティスト流 フレンチプレスの美味しい使い方

プロローグ たまに自分のコーヒーを淹れるのに、ハンドドリップするのが面倒くさいなぁと思う僕です。笑

記事を読む

それ大事!コーヒー屋のミルクが美味しい理由はなぜ?

プロローグ コーヒー屋はコーヒーだけに力を入れている訳ではなく、そのまつわるものにも当然力をいれて

記事を読む

薄味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 前回のブログでは、濃い味が好み方が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいか?を記事にしました。

記事を読む

中煎り(中焙煎)と深煎り(深焙煎)の決定的な違いとは

プロローグ もちろん味わいの違いもあります。 中焙煎は爽やかな酸味と僅かに感じる苦味のコントラス

記事を読む

それ行け グァテマラ!

 グァテマラにはこだわる島珈琲 アンティグア地方のエルパジェ農園から チマルテナンゴ地方の

記事を読む

家庭用ミルの掃除の仕方~ナイスカットミル・みるっこ編~

プロローグ 家庭用ミルの中で、結構お持ちの方が多いのではないかと思われるカリタ「ナイスカットミル」

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
理由は後付でもいい まずはやってみること

またちょっとコーヒー教室でのお話したことを詳しく書きますね。 &

ないものは引き出せない

昨晩はご依頼を頂きましたコーヒー教室を高槻店で開催しました。 参加人

焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり

コーヒーと健康とダイエットのお話

昨晩、娘が耳が痛いと泣き出す。 奥さんが救急の病院に電話をかけてみる

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

→もっと見る

PAGE TOP ↑