*

ぐんぐん

公開日: : 日々他愛のないこと

 最近 ブログのアクセス数がすごく伸びている
たいした事は書いてないけども読んでくれているのは嬉しいなぁ
だから 読みごたえのある日記を書かなければと鼻息が荒くなる
しかしそう思うとなかなかどーして 書けないもんである
自然体 自然体 そう言い聞かせ・・・
新しいことを始めるのにはパワーがいる
そして何よりも続ける事が一番難しい
自分の信念を持って 今 新しいステージにのぞみたいと思います
 
島珈琲 フェイスブックページはこちら
http://www.facebook.com/pages/%E5%B3%B6%E7%8F%88%E7%90%B2/460210677334480
アルバイト パートさんの募集です
勤務地は 高槻市郡家本町5-2 ぷれいすBE内 カフェBe
業務内容 カフェ キッチン・ホール業務全般
時給 800円から 交通費支給
時間 14:30~18:00 休憩有り 火曜日から金曜日の間
ご連絡は 平日10時から17時の間
090-6600-5912 
または ぷれいすBe 072-681-4700
担当 島まで
たくさんのご応募お待ちしております!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ブログ書くのしんどいなぁ

  と思う事 しばしばある だったら書かなかったらいいじゃないか? そうだその通りだ でも

記事を読む

好きこそものの上手なれ

岡町本店がオープンしたのは2002年、平成14年3月29日でした。 現在は高槻店を火曜日から土曜日

記事を読む

no image

風になる

12月は珈琲屋さんにとって繁忙期です つじあやの さん の歌のような爽やかなフットワークで こなして

記事を読む

no image

いちにサンバ

 タイトルに「無題」 と書くのが悔しくて 無理矢理思いついたタイトルから 何か連想して 文

記事を読む

新党結成! その名は・・・

 次期 高槻市長選をにらんで 新党を結成することにしましたキャッチフレーズは コーヒーと愛

記事を読む

カーネギー

 本棚に置いてあった 「カーネギー名言集」が目にとまり 読み返している チャーチルの言葉と

記事を読む

まずは

 とりあえず 解体がはじまり扉がなくなりました 写真で見て頂くこの角度 この角度が今回 街

記事を読む

叱られるから・・・

 昨今 親が子を叱るとき 「誰々に怒られるからやめない 叱られるからやめなさい」 って 言

記事を読む

最近 アイスクリームが好調です

もちろんコーヒー豆屋さんのでコーヒー豆の販売がありきですが島珈琲 オリジナルアイスクリーム「西日本一

記事を読む

no image

なぜ楽しいのか?

 今日は近所の美容師さんがこられ 話の流れで焙煎の話になった 「焙煎をしているときは機械と

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
2/25(日)は岡町本店臨時休業です!25日26日高槻店は営業します!

今回はお知らせブログです。   明日2月25日 

焙煎アーティストとは一体なんなのか?

まず重要なお知らせから。 2月25日日曜日、26日月曜日、本来な

ペーパードリップでペーパー濡らすべきか否か

例えばヒマなときには全く気にならないのに、忙しい時に限って、あっここ汚

怪しいな、と思う電話があれば電話番号ごと検索してみるのがいい、と言うお話

電話の向こうで、あたかも関西電力を装ったように話だしたので、???と思

カフェインレスコーヒーとニンニクレス餃子

昨日は、午後まで幼稚園だった娘を迎えに行き、その後家族で実家へ行きまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑