*

カフェ出店のご相談がありました 最近多いので参考点をちょい書きました

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

だいたい1年に数件 カフェや喫茶店の出店のご相談や お店で美味しいコーヒーを取り扱いたいと言うご相談があります とてもありがたいです 感謝です インターネットで調べてお問い合わせ頂いたり ご縁があって頂いたり と色々で

 

昨日も高槻で自宅にある会社の事務所を改装し喫茶店を開きたい というご相談がありまして 高槻店で1時間半ほどお話をお伺いしていました

 

現時点での経済状況の中での出店は 相当の覚悟をもち「全てをなげうってでもやりとげるんだ!」というくらい極端な強い気持ちと意志がないと かなり厳しいと思うのが正直なところです

 

個人が経営する喫茶店は衰退していき 新たに外資系大手カフェチェーンが幅をきかし そこにコンビニコーヒーが参入してきて状況がにわかにかわりだし カフェブームは続いていますが 個人経営のカフェは 増えては減り 増えては減りを繰り返しているように思います

 

昔から喫茶店 今はカフェ は皆さん 比較的出店しやすいようにとられ 難易度は低いお商売と思われている節を感じます もしそのような思いでお店を出店される方が多ければ 特徴がない場合 お客様の継続した御来店はありません あきられてしまうと思います

 

物に溢れ ある程度の豊かさを手に入れ 見る目が肥え 口も肥え その中で生き残るカフェを作り 継続的に利益を上げて 繁盛店に育てるのは至難の業なんです

 

ですけど 夢をもって資金を貯め トライしようと思った方には全力で協力したい と思うのが島珈琲です

お店を出店するためにコーヒーの抽出の技術の提供はもちろんのこと! (もちろん島珈琲をご使用頂く場合ですが 笑)

 

僕が失敗も含めてここに注意した方がいい思う点と 経験した点をいくつかまとめて書いておきますので 夢を持っている方も参考にしてみてください

(僕がそう思っていることで 全てが正しいとは言い切れませんが・・・)

 

一つ目は 「美味しい」からお店がはやる というわけではない

 

美味しいというのは今や当たり前であり 美味しくないお店を探す方が難しいと思います ですから「美味しいものを作り辛抱して営業していれば いずれ繁盛する」というのはたぶん昔の話です

 

二つ目は  お客様はお店に対し「非日常」を望んでいる (と思う)

日常では体験できない事や 空間 音楽 食器や自分の日常にはあればいいと思うけど無いモノ などを求めているはずなので その空間つくりが必要(でもお金をかければいいというわけではない)

 

三つ目は カフェをしたいのか 物を販売したいのか

島珈琲の高槻店は喫茶6席を設けていますが 喫茶営業はコーヒー豆を販売するためのショールーム的な役割で 味を確認してもらう場所というような設定にしてますので 喫茶ができることはほとんどアピールしていません ですから売上比率も物販の方が多いですし これは僕の思い描いていたとおりになっています

カフェと物販を両方を設定する場合は どちらにウエイトを置くのかによって屋号も考えなければばなりません 物販を優先したいのに「カフェ」とついた屋号や連想させる屋号にすると お客様はカフェを目的にくるので 何か物を買いに行こう!という心理にはあまりならないようです よって物販のウエイトは小さくなります

 

四つ目は コーヒー1杯の利益率は高いけど 居酒屋みたいに何杯も飲むものではないので 思っているほど儲からない

読んで字の如くです 笑

五つ目は 今僕も勉強しているのですが 通称エクスマと呼ばれるマーケティングはとってもいいと思います

今年12月にセミナーに行って勉強するのですが エクスマの先生 藤村正宏先生のブログをとにかく読んでください めちゃくちゃ参考になります
藤村先生のブログはこちら http://www.ex-ma.com/blog/

ざっと書きましたが もっと詳しく知りたい方は 直接 僕に聞いてください!笑
今日はいつもより文がながくなっちゃいました ではまた

IMG_4211

 

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

なぜ 円すいのコーノ式を選んだの?

島珈琲では、ペーパードリップのドリッパーはコーノ式をオススメしております。  

記事を読む

コーヒー焙煎はどんな事を考えて、焙煎しているのか

プロローグ コーヒーの焙煎とはコーヒー生豆を火で(熱で)焙る作業のこと言います。 コーヒー生豆は

記事を読む

昔のコーヒーはほんと美味しかった、ってホント?

プロローグ 昔のコーヒーは美味しかったって、言われても昔のコーヒーを飲んだことがないと、それはわか

記事を読む

no image

ストライクゾーンとコントロール

 就労移行支援で毎日2時間 施設側のプログラムとして コーヒーのたてかたを指導している 彼

記事を読む

コーヒー焙煎後のハンドピックという作業って何?

プロローグ 営業中にセールスの電話が時々かかってきます。 電球の製造が打ちきりになって補助金がで

記事を読む

カプチーノの美味しさはミルクにあり!そこ解説してみました

プロローグ コーヒー屋にも長所短所があって、僕の得意とするところは焙煎とペーパードリップです。高槻

記事を読む

知りたい!コーヒーと水の関係は?

プロローグ コーヒーの99パーセントは水です。 ですので、水の影響力はとてもあります。 &

記事を読む

no image

焙煎 焙煎 また焙煎

 エスプレッソマシンでドリンクをつくることは大変楽しくて 大好きです 毎日マシンと向き合い

記事を読む

ちょっと知っていると便利 コーヒーギフトを選ぶときに役立つ簡単なこと

プロローグ 島珈琲を開業してからもうすぐ13年になります 最初の頃はギフトはあまり力をいれておら

記事を読む

コーヒーの実の収穫って大変なんです!のお話

昨日ツイッターに、このツィートをしたところ興味を持ってくださった方がおられましたので、ちょっと詳しく

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーの焙煎で、どんなふうに美味しさを作るのか

毎朝、焙煎を終えるとこんなツィートなどをしております。 &nbs

今後コーヒー豆の価格はどうなるの?

今後コーヒー豆の価格はどうなるのか、とまぁ僕も聞きたいところですが、今

店舗経営にブログの更新はどんな効果があるのか

僕がブログをほぼ毎日のように更新しているのは、もちろんお商売のためでも

コンビニ100円コーヒーの存在は、どんな影響を与えたのか

コンビニのコーヒー、皆さんはよく飲まれますか? 僕は時々ですね、買い

ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ

→もっと見る

PAGE TOP ↑