*

縁は異なもの・・・

公開日: : 縁は異なもの 味なもの

 今日は以前からお付き合いのある デイハウス ひなたぼっこ代表の中村さんから
2号店 樂笑  らくえ  の開所式にどうぞ! とよばれたので
行ってまいりました !
なにを隠そう この物件のオーナーさんこそが
今度 島珈琲の高槻店を請け負ってくれる
工務店 河原工房の会長さんで
開所式にもこられていたので 今日はいろいろお話してきました
とってもしんしな方です
この会長さん 実は僕がもっとも信頼しているデザイナーさんの
お師匠さんにあたるような方で デザイナーさんは 会長さんのことを
尊敬されているそうです 人と人はどこでどうつながっていくか
ほんとにわかりませんね
縁は異なもの味なもの ですね
島珈琲 フェイスブックページはこちら
http://www.facebook.com/pages/%E5%B3%B6%E7%8F%88%E7%90%B2/460210677334480
アルバイト パートさんの募集です
勤務地は 高槻市郡家本町5-2 ぷれいすBE内 カフェBe
業務内容 カフェ キッチン・ホール業務全般
時給 800円から 交通費支給
時間 14:30~18:00 休憩有り 火曜日から金曜日の間
ご連絡は 平日10時から17時の間
090-6600-5912 
または ぷれいすBe 072-681-4700
担当 島まで
たくさんのご応募お待ちしております!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

すすむ

  すすむ といえば なんでかフラメンコの堺すすむ氏 最近みてないなぁ すすむのは すすん

記事を読む

no image

僕たちのお店

 今日 cafe Beのある施設 ぷれいすBeの各部門リーダーさん方と cafeの運営の件

記事を読む

no image

去年の今頃

 去年の今頃 迷っていた時期かな   「新しい施設を開設するにあたってカフェをオープンしよ

記事を読む

燃え尽きろ!

  人の一生は一度しかないのだから、燃えることのできるところで、燃えつきるまで燃えなければ

記事を読む

一目惚れ

 今日は一日 ぼんやりする予定でしたが どーしても詰めて おきたいことがあったので やっぱ

記事を読む

no image

いざ熊本

 先日のカフェBeで子供会パーティはみんな楽しく過ごせたみたいで 参加した子供達も役員さん

記事を読む

高槻地場野菜

 カフェBeの最大のイベント と言えば大げさか ありがとう祭りまで あと一ヶ月 段取りや連

記事を読む

「有り難う」の言葉を見て思ふに

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は漫画カメラで僕を撮った図 いろん

記事を読む

no image

経営

 最近 カフェをオープンさせる方 したい方の相談をしばしばうける このご時世なので正直に言

記事を読む

no image

楽しく行こうぜ!

 とは言え 好きな仕事をやっていてもストレスがないわけでないので 楽しく行けない時もある

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑