*

「有り難う」の言葉を見て思ふに

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

写真は漫画カメラで僕を撮った図

IMG_2058

いろんなアプリがあるんですね スマートフォンの普及率もめざましく 時代の流れの速さがどんどんどんどん速くなっていること身にしみて感じます 変わらないことも大事 でも 変わることも大事 2つのバランスをうまく保ちながら 時流にあわせ心は柔軟に そして常に勉強しなきゃなぁ なんて最近よく思います

 

さて 昨日は「茨から夢語り会」という集まりに参加させて頂きました

 

参加人数は何人か定かではありませんが ざっと大人子供も含めて70人くらいはいたかと思います 僕は初めてだったので正直何をするのかよくわからないまま 誘われたとき「なんかおもろそうやなぁ」という自分の気持ちに逆らわず すぐに「行きます!」と返事をしました

 

で会場に行くと 中華料理を食べながら 持ち時間1人1分 大人も子供もそれぞれ自分の夢を壇上でみんなに語ります

 

小学生くらいの女の子達が 美容師になりたい パティシエになりたい なんて言うのを聞いていると 僕の娘は歳を重ねるとともに何を夢見るのだろうかな なんて未来を少しダブらせながら 嬉しく聞かせてもらいました

 

大人達の夢の語りも聞いていておもしろい というか刺激になりますね あんな夢こんな夢いっぱいあるけど

 

みんなみんな叶うわけではないけども そのために何をするか 何をしたか が大事ですよね 夢は結果より過程の方が大事 だと僕は思うので 語ることにより行動に移す この会はすごい意味のある会だなぁ なんて思いながら それぞれの熱い想いを聞いておりました

 

で 一通り終わったあと プレゼンがあって こんなことを話していました
「有り難い」という字を思いだしてください 「有り難い」は「難が有る」と書きますよね と

 

「難が無いのは無難な人生 難が有るから有難い」
難が無く生きて行ければ 無難な人生ですが 難があるからこそ同じ痛みがわかり 苦労がわかり 思いやりが生まれ 感謝が育ち 心から「有り難う」と言えるのではないだろうか というような事を話されていました

 

人は簡単なモノや事には価値を置かず 価値を与えるのは代価の高さにあることから 難が有ることがより自分の心の位置を高い所にあげ だから難が有ることを感謝し 有り難う となる うんうん そういうことだね 僕はそう考えました 勉強になるなぁ

 

そして 「有り難い」の語源を調べてみました

法句経というお経に
『人の生を享くるは難く やがて死すべきもの 今いのちあるは 有り難し』
とあるように 今生きている私達は 数え切れない偶然と無数の先祖の計らいで生を受けて誕生したのだから 命の尊さに感謝して精一杯生きましょう と言う教えから生まれた言葉です とのことでした

 

ということで 夢を持てることに感謝し 先祖と生きていることに感謝し 精一杯生きて そして有り難う

 

なんだか最後は お坊さんの説教のようなブログになっちゃいました

 

ほな やめさてもらうわ タッタッタッタ(漫才の終わり風に・・・)

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ネルドリップの取り扱いについて

プロローグ コーヒーのいれ方で一番好きな方法は何か?と聞かれると迷いなく「ネルドリップ」ですと答え

記事を読む

よく書いてある「アラビカ100%」ってどういう意味なの?

先日のお休みに娘がトイザらスに行きたいというので、車に乗って行ってきました。 何を買うと言う目的は

記事を読む

布施弁天へ行こう!

 と言っても 千葉なので僕は行けそうでなかなか行けません 何を隠そう 千葉 柏市の布施弁天

記事を読む

買う気スイッチ

 今日はお知らせです 島珈琲がお薦めするコーヒーメーカー メリタJCM-512のお得なご案

記事を読む

まぁるくなったなぁ

 一昨年に島珈琲に入団した デッティングコーヒーグラインダー内野手 切れ味抜群のカッティン

記事を読む

no image

焙煎

 明日は平日の仕事が休みです といっても社会福祉法人「北摂杉の子会」の契約が3月16日から

記事を読む

コーヒーの香りは3つある だから楽しみも3つある

プロローグ 先日、僕のブログを見て「本を書いてみませんか?」と商業出版でのお話がありました。 お

記事を読む

ネーミング

商品のネーミングはとても大事だ一発でイメージしてもらうそれが何なのかを伝えるそして覚えやすいなのかな

記事を読む

中煎りとか深煎りは つまり 焙煎時間の差

プロローグ 「人生はチャンスだ!」この言葉好きです 人生そのものがチャンスなんですよね 限られた時

記事を読む

こいつはすげぇ

 と 焙煎しながら思わずでた言葉 僕は焙煎止めのとき 時間 焙煎温度 色 豆の艶 豆のしわ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

→もっと見る

PAGE TOP ↑