*

目先の利益を取るのか?永続的なパイプラインを取るのか?

目を閉じて吐息を聞いてみる 楽しかったとき 悲しかったとき
うれしかった時 思い悩んでいた時
その時あなたのそばに いつもコーヒーがあった
あなたのそばに島珈琲

 

10月の店先に置く看板ができました!(嫁さん作)
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

IMG_9860

これは僕の失敗談なんですが 高槻店をオープンしたのは2012年の11月21日でした おかげ様でもうすぐ2周年を迎えることができます 実はコーヒー豆屋のオープン1年目は業績はたいてい悪いんです 例に洩れず島珈琲高槻店も1年目はものすごく業績はよろしくありませんでした

 

というのも コーヒー豆はたいていお客様は「いつものところ」で購入するわけで なじみのお店(スーパーや百貨店の売り場も含む)から移行するのは腰が重たいのですね なぜならみんな「買い物に失敗したくない」という思いが強いわけです

 

ですから お客様に「うちのお店では買い物に失敗しません!」という事がわかり 味を気に入ってくださった時点で 僕のお店に通ってくださるわけなんですが そこまでの道のりが長いのです

 

でも裏を返せば 一度お客様がついたら離れにくい そんな特徴をもっている商品でもあるんですね コーヒー豆というものは (もちろん正直に まじめに 嘘をつかず お商売をしていることが大前提ですが って当たり前ですね)

 

前置きが長くなりましたが その業績の悪い1年目 目先の売上げに目がくらみ大失態をしました オープンは10時からなんですが その日は別件で仕事があり1時間遅れてオープンしました

 

高槻店はテイクアウトコーヒーもしておりまして(紙コップの) そのお客様はそれまでは常連様でした 10時半頃に一度御来店されたけども開いてなく 11時に再び来たら 僕がちょうど来てお店をオープンしたところでした

 

でもマシンの立ち上げができていなく テイクアウトをできる状況ではないのにも関わらず ご注文を受けてしまいました しかもお客様がこられているらしく沢山のご注文でした

 

マシンが立ち上がっていないため いつもと違う味で クオリティも低く その場しのぎ的にコーヒーをお出ししてしまいました・・・豆が売れない毎日 目先の売上げに目がくらみ・・・結果 そのお客様は二度と御来店されなくなりました

 

このことから勇気を持って「断る」ことの重要さを改めて知ることになりました もしかしたらオーダー自体をはじめからお断りしていても 二度と御来店することはなかったかもしれません

 

でも結果は 目先だけを見てしまい 永続できたかもしれないお客様 お店にとって命のパイプライン切ってしまったことは事実です

 

後悔先に立たず ですが このことから 勇気を持って断ることもお客様のため この反省を無駄にしないぞっ とそう胸に刻み込む島規之であった 人生は修行ですね

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

フルーティなアイスコーヒーって何がフルーティなのか?

プロローグ 去年から販売し始めた島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー 「フルーティなアイスコー

記事を読む

焙煎したてのコーヒーをドリップするとどうなるか?

プロローグ 昨日の月曜日はお休みを頂きまして、娘と公園で遊んだりし家族でゆっくりと時間を過ごしまし

記事を読む

いつもコーヒーの味が違うんだけど、いれ方が悪いのかなぁと思うあなたへ

プロローグ 今年はほんとに気候が不安定ですね。 お身体の調子、崩されていませんか?朝晩まだまだ肌

記事を読む

no image

天気はいかに

 明日は神戸のマツモトコーヒーさんで カッピング会に出席したあと 茨木にあるファーマーズマ

記事を読む

no image

最近できていないもの

 最近 できてないことが沢山ある 読書  マラソン 時間はつくるものだけど 無理してつくる

記事を読む

カラダがあたたかくなるコーヒーをください

プロローグ 先日、喫茶をご利用のお客様にオーダーを取りに行った時に、こう言われました。 「身体が

記事を読む

ナチュラル と ウオッシュ コーヒーの精製法

プロローグ コーヒー生豆が日本に届くまで ほんとにいろんな行程があり 様々な人の手がかかっています

記事を読む

コーヒー豆にはフラットビーンとピーベリーという種類があるんです

プロローグ コーヒー豆というのは、コーヒーの実の種でして、似ているもので例えるとサクランボのタネの

記事を読む

開業してから12年間守り抜いているもの

今月10月23日木曜日は勉強会(のようなもの)に出席するため その日は臨時休業を頂きますね 何回も休

記事を読む

コーヒー豆の保存方法と真空パックのお話

最近、ほんとうに多くの方が遠方から、岡町本店や高槻店へコーヒー豆を買いに来てくださります。 &

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーの焙煎で、どんなふうに美味しさを作るのか

毎朝、焙煎を終えるとこんなツィートなどをしております。 &nbs

今後コーヒー豆の価格はどうなるの?

今後コーヒー豆の価格はどうなるのか、とまぁ僕も聞きたいところですが、今

店舗経営にブログの更新はどんな効果があるのか

僕がブログをほぼ毎日のように更新しているのは、もちろんお商売のためでも

コンビニ100円コーヒーの存在は、どんな影響を与えたのか

コンビニのコーヒー、皆さんはよく飲まれますか? 僕は時々ですね、買い

ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ

→もっと見る

PAGE TOP ↑