*

TV取材の依頼がありましたが丁寧にお断りしました

魔の30キロをご存じですか?
マラソンなどされている方は知っていると思いますが
フルマラソン30キロあたり 猛烈なしんどさや
体調の変化に襲われることが多い地点なのです

それを耐えると 第二の風とよばれる
今までの苦しみが嘘のようなくらい
身体が軽くなる状態になることがあります

 

マラソン用語で
デットポイントとセカンドウィンドウ
人生もまた然りですね

1ヶ月お休みを頂いてないこと昨日のブログで
書きましたが まさに昨日がデットポイントでした
でも昨晩は眠りが深く 体調は上向きになっております

 

接客というのは 僕がお腹が痛かろうが
しんどかろうが 眠たかろうが
そんな事はお客様には一切関係ありません!

 

目の前にいるお客様に最高のパフォーマンスを見せ
接客するのがプロ
損をするというのは
得られて当然のこと 実は得られていない
ということです

お客様に損をさせないために
だから今日もしまこーひーは笑顔でゆくのです!
こんちには!焙煎アーティスト 島規之です

 

昨日 御昼間によみうりテレビの方から
電話があり 取材をさせてもらいたい と
お願いがありました

それは深夜番組ですが(いかがわしいのではない)
内容はキッチリとした番組です

 

僕は今までテレビ取材は一度もなかったので
そりゃもう舞い上がってしまいそうでした
しかし 何事もそう 一度 間をおいて
考える方が冷静になれる と思い 受話器を一旦置き
嫁さんはどう思うか 聞いてみました

 

取材の内容としては
アイドルグループのタマゴ(?)の若い女性2名の方が
店内に入って頂き リポートするような感じだと

嫁さんに相談すると たいてい賛成の時は
0.05秒で「それええやん」と返事が来るのですが
今回は長い「ま」があった後「どうかなぁ?」でした

 

「島珈琲のイメージと違うんちゃう」

 

実は僕もそこが引っかかっていた
たいしたお店ではないけども
12年やってきていて 島珈琲は島珈琲だ!
という自然に築いてきたイメージと
意識したイメージ作りをしてきた
その足し算が現在に至っている

第三者視点で島珈琲を見ることのできる嫁さんの意見は
今まで島珈琲を育ててくれたお客様の意見に限りなく近い

 

でも 僕の好奇心は収まりそうにない 笑

 

ふと 思いだしたのが
先日セミナーを受けた エクスマセミナーの
藤村正宏先生がブログなどでよく言われる言葉でした

既存のお客様を大事に大事にしなさい

 

もし取材を受けて
たぶん深夜番組で眼にする方は少ないと思うけど
それを見て
「島珈琲らしくない」「島らしくない」
と嫁さんと同じように思う方がたくさんいるなら
それは残念な思いをさせること
それは遠回しに大事にしていないことになる
と僕なりに判断しました

 

ディレクターの方は電話の向こうで
残念な声をしていましたが 丁寧にお断りしました

先日 錦織選手が決勝に向かう前にインタビューで言っていました
「決勝に 芯を持って挑みたい」と

自分は自分であり続けること
付和雷同せず 常に自分の本心に従えるかどうか

 

遊び心とか興味心では 「TVでたい!」ですが 笑
お店としての「芯」としては それは違うものです
今回はそれを改めて教えてくれた 妻に感謝したいと思います
ありがとう

 

ではまた明日お会いしましょう

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

 

取材班の方は店先に置いてある
この看板がどーも目についたみたいです 笑

 

IMG_0714

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

タイガーアイ ホークスアイ

  今までこうしたものの力をあんまり気にしていなかった パワーストーン 嫁さんからクリスマ

記事を読む

忙しいときほどよく見えて よく気づく

こんにちは 焙煎アーティストです 早朝から焙煎を沢山させて頂きました 発送の注文が多くなりあ

記事を読む

家具が入りました♪

 とりあえずこんな感じで入りました 和洋混同のホールになりましたが 意外にしっくりとあって

記事を読む

no image

回帰

 【回帰】 [名](スル)ひとまわりして、もとの所に帰ること。「伝統への―」 お商売をはじ

記事を読む

タイムスリップしてきたみたいだね

 と 高槻店にこられたお客様がよく口にされます高槻店は 「和」のデザインでお願いしました設

記事を読む

今年も本当にありがとうございました

本日、今年の最後の営業日を高槻店で迎えています。 今年もほんとうにお世話になり、またいつもこの

記事を読む

お客さまのプライドを守るためにやってきたこと

プロローグ 僕はツイッターをしているんですが、ほんとに何気なくツィートしたものが反応が良いときがあ

記事を読む

コーヒーギフトのパック詰めは、出荷当日行います!!

プロローグ 僕にしたら当たり前のことなんですけど、ひょっとしたらあまりご存じないかもしれないと思っ

記事を読む

1日だけ!島珈琲が飲める図書館カフェ!

プロローグ 島珈琲は日曜日だけの営業の豊中にある「岡町本店」 火曜日から土曜日まで営業の高槻にあ

記事を読む

no image

さて 行きまっか!

 今年 一発目の日記であります 皆様 あけましておめでとうございます 今年ものってるかーい

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑