*

なぜ僕が「ありがとうございました」と言わないのか

今日は2歳の娘の保育園デビューの日です 笑
周りに子供が少ないので 子供同士の交わりが
少なく ちょっと不憫に思えたので
週に一回 今月から通ってもらうことにしました

 

刺激を受けて いろんなことを
彼女なりに吸収して 成長してくれるといいなぁ
と 今日は帰ったら娘の表情がどんなのか
楽しみでなりません

こんにちは! 焙煎アーティスト 島規之です

 

さて 表題の件です

 

何度かブログで取り上げてきた事なんですが
僕はお客様がお帰りの際も含めて
「ありがとう」を言うときに
「ました」 を用いません

 

かならず「ありがとうございます」
と言うように自分の中でルールを決めています

 

僕が高校時代 珈琲館が全盛期でマナベだった頃
(今はUCCです)アルバイトをしていたのですが
~ここが僕のコーヒーへ道の第一歩でした~
その時に実は教えてもらったことなんです

 

ありがとうございました
というのは 感謝が過去になってしまう
過去から今 今から未来にありがとうという
感謝はお客様に継続し現在進行形のもの

だから ありがとう を過去のものにするな

 

というような意味合いのことを先輩から
話してもらい それ以後この教えは
僕の礎(いしずえ)になり その心は今も
続いています

 

ですから メールとか文でよっぽどおかしく
ならない限り ありがとうございました
と言う言葉は使わないようにしています

 

これは蛇足ですが
セミナーで教えてもらった ちょいテクニック論
ですが お客様の名前を知っているならば
御来店されたとき いの一番に
「 ○ ○ 様 いつもありがとうございます」

 

と感謝の言葉から挨拶すると 先様の気持ちは
心はやわらぎ 場が温まって話がしやすい状況が
できやすい と聞きました
接客業のお仕事の方は一度試してみてもいいかも
しれませんね

 

あと僕は御来店された時 基本的に
「いらっしゃいませ」と言う言葉も用いません
いらっしゃいませの代わりに
朝なら「おはようございます」
午後からは「こんにちは」

 

というようにお出迎えしております
というのも 自分がどこかお店に行って
「いらっしゃいませ」と言われるよりも
こんにちは と挨拶されるとより親近感を持ちますし

 

こんにちは と言うと たいてい初めてのお客様でも
「こんちには」とお返しを頂けるので
そこで一回目のキャッチボールができるんですね

 

そういう事から
「ありがとうございました」
と「いらっしゃいませ」を
僕は極端に使用しません

 

以前 お客様から
「お客様が来たら いらっしゃいませ だろ!」
怒り口調と言われたことがありましたが 笑
実は上辺では他愛のないことのように見えても
過去の経験や考えに深い根を下ろした
僕にとって大きな事柄だった と
いうことを言われて改めて気づいたんですね

いずれにしても この想いがお客様に
さりげなくお届けできるような男になりたい

と日々精進したいと思います

 

では また明日

 

写真は毎月焙煎アーティストレターを発行し
原稿は嫁さんが書いてくれているんですが
絵がめっちゃうまくなってるんですよ
これ どうですか?
いい仕事してますねー

IMG_2590

 

島珈琲 社会貢献部からのイベントのお知らせ
お近くの方は是非

IMG_8592

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

島珈琲の3店舗はこんなふうに管理している

現在、島珈琲は委託されている姉妹店のカフェBeを合わせて3店舗あります。  

記事を読む

島さんが、美味しいと思う大手のコーヒーはどれ?

プロローグ 家族でコーヒーを飲んでいました。島家の家族構成は、嫁の母、僕、奥さん、娘の4人家族です

記事を読む

首都高に散った

  世界チャンプ を読み終えた 今日 これで3回目なんだけど 毎回 この本に吸い込まれる

記事を読む

島珈琲 という ブランド

作り上げられたものにのっかるのではなく ブランドは自分で 自ら作りだすモノである ということで 12

記事を読む

鉄は熱いうちに打て 先人の残した言葉は深い

先日 お知り合いになったフェイスブックのお友達が 今 100キロマラソンに挑戦しています 先ほど

記事を読む

僕が手書きにこだわるわけ

プロローグ 連休が明け少したったところで、通信販売の発送のご注文が重なりまして、あくせくと送り状書

記事を読む

お家で淹れるコーヒーで「美味しい」に重要なことはコレ!

プロローグ 徐々に朝が涼しくなり、焙煎が楽になってきたこの頃。 岡町本店、高槻店ともに小さなお店

記事を読む

切っても切れない、コーヒーと水の関係

ブログをほぼ毎日書いております、ってどうしたの急に。   書き方としては、序破

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆の用途は、アイスコーヒーだけなのか

プロローグ 島珈琲のメニュー表に、アイスコーヒーのブレンドというブレンドがあります。 これはドリ

記事を読む

水だしコーヒーパックで美味しい水だしコーヒーを作ってみた

プロローグ 今日はアイスコーヒー塾の開催日です。準備も万端。アイスコーヒーの飲み比べを中心に、アイ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑