*

思い入れ

公開日: : 感謝!!

 たいしたことじゃないかもしれない
今度立ち上げる福祉施設のカフェ
お店の配置は 障害を持った方にエスプレッソマシーンで
カプチーノを作ってもらい コーヒーを一杯ずつドリップしてもらい
フードを作ってもらい
僕がホールで接客 豆売り 配膳の業務をする
僕はホールで指揮をとっていくやり方でお店をまわしていこうと
考えています
以前 僕はそこそこ高級中国料理店でウエイターをしていましたので
接客には 焙煎と同じくらい自信があります
お客様に気持ちよくお店を後にしてもらうことは 得意中の得意です
その勤めていた中国料理店ですが 就職したその年 高校を卒業して
1年目だった新米社員だった僕は社会の荒波にもまれ
もうやめようかと思っていましたが 阪神淡路大震災で
お店は西宮にあったので 壊滅的なダメージを受けました
僕は退職の思いを捨てて 懸命にお店を復活させるために
努力しました
ガス 水 電気 なにもない状態から 被害がなかった社員 2,3名で
片付けやら掃除やら工事などして その年の4月にお店は再出発できました
そんな忘れられない経験があったので その時につかっていた
名札は今でも大事にしまっています
だからあの時のガッツを思い出すために あの時の同じような
名札を作ってみました じゃあねピース

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

おじいよ

  仕事をしているときは じいさんの形見の腕時計をしている とくにおしゃれでもないのだけど

記事を読む

鉄は熱いうちに打て 先人の残した言葉は深い

先日 お知り合いになったフェイスブックのお友達が 今 100キロマラソンに挑戦しています 先ほど

記事を読む

みんなハッピーになっていいんとちゃいますか!

今日はバタバタしていまして ブログを書く時間を作れず 焦っていました 笑 忙しいことはありがたいこと

記事を読む

仕事を楽しむ、とは何ぞや

なぜ僕が「エクスマ=エクスペリエンスマーケティング」にこんなにも興味を持っているのか。 &nb

記事を読む

行ってきました!コントレイルさんへ!

 お休みを頂いて間に 高槻北園町のルート271さんプロデュース 今話題のカフェ コントレイ

記事を読む

こんなんできました!

 今日は カフェラ大丸神戸のYさんにおいで頂きまして エスプレッソ&ラテのコツを

記事を読む

頼りになる

 長い間お店を一人でやってきたので スタッフがいるというのは ほんとにありがたい 自分だけ

記事を読む

しなやかなれ

 時のよどみにもそめず しなやかなれ しなやかに生きる 今日 仕事を終ったあと 船井総研の

記事を読む

ミントの花

 アップルミントの花が咲きました 華々しいわけではないですが なんだか笑顔にさせてくれまし

記事を読む

no image

ちゃんと・・・

 お客様に「ちゃんとやすんでくださいよ」 と声をかけていただきます 嬉しくて涙がでそうです

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーの「美味しい」には 何が隠されているのか

ありがとうございます。 19日から21日まで僕の両親と家族、合わせて

6/20(火)21(水) 通販業務・高槻店臨時休業のお知らせ

      い

なぜ コーヒー豆屋に「喫茶スペース」を設けたのか

先週日曜日のブログで高槻店になぜ喫茶スペースを設けたか、これを覚えてい

ドリップしたあとの粉が、綺麗なスリ鉢になるためのコツとは

さて、いよいよです。 いよいよ家族旅行です、って皆さんには関係ないで

説得か納得か 買い物をしてもらうのにどっちが大事?

過去の経験から言うと、6月はどちらかというと閑散月なのですが、今年はお

→もっと見る

PAGE TOP ↑